生命保険加入の目的

社会人やある程度の年齢になると生命保険に加入する人が増えます、その目的は世代によっても様々です。
幾つもある生命保険加入の目的ですが、ここではその中から3つを見てみましょう。
最も多い目的がもしもの時の医療費のためです。
生命保険は死亡保険が多いのかと思いきやそうではなく、医療費のためにかける人が多いのです。
たとえ命に別状のない病気でも、手術や数日の入院をするだけでかなりの費用がかかります。
しかし、保険に入ることで、この時にかかる費用の全て、もしくは一部を負担してもらえるのです。
万が一かかった時の備えとしては、ありです。

次に多いのが、家族の生活のためです。
年配の方に多いのがこの目的です。
治療費など家族の負担が大きくなるのは目に見えています。
その負担をできるだけ少なくしてあげたいと思う人はこの目的ですね。
また死亡保険もこの目的に当てはまります。
死亡した後でも、葬儀などでお金がかかります。
それらの費用を保険で賄うということです。

最後に貯金です。
社会人になりたてや保険加入のきっかけや、はじめの頃のは子目的が大きいのでは。
保険は掛け捨てが多いのですが、最近、プランによっては、貯蓄型があります。
自力で貯金ができない人は、預けたと思って保険を支払う方法は有効的ですね。
同じく保険加入をしているので、医療費などの少なからず保険の恩恵を受けることはできるので、銀行に積み立てるよりいい場合もあります。
他にも人それぞれ、利用目的も多岐にわたります。



■関連リンク
医療費や家族の生活のために保険の見直し相談が出来る保険クリニックです → 保険 見直し

Copyright © 2014 生命保険に加入する目的 All Rights Reserved.